モンテッソーリは今がお買い得で安い時期~!

これから!目線を合わせるために!夫や母にも読んでもらうつもりです。イライラ、声を荒げて叱っていた自分にハっとしました。「お母さんの『発見』と同じく!モンテッソーリ教育の考え方(=子どもの成長したい思いや自主性を大切する!そのために子ども自身をよく観察し!興味のあることを伸ばせる環境を整える!子ども自身のリズムやペースを尊重して「待つ」子育てをする!など)がわかりやすく書かれています。

こちらです♪

2018年01月07日 ランキング上位商品↑

モンテッソーリママ、ひとりでするのを手伝ってね! モンテッソーリの幼児教育 [ 相良敦子 ]

詳しくはこちら b y 楽 天

娘はもうすぐ3歳ですが、もっと早く読んでいれば、もっと優しく接することができただろうにと、少し悔やまれるくらいです。モンテッソーリ教育は初めて耳にしました(育児書も全く読んだことがありませんでした)。初心者の入門用として買うのをお勧めします。など、参考になることがたくさんかいています。子どもがモンテッソーリの園に通い始めたので読んでみました。当たり前だ、3歳でも一人の人間だもの。これは絶対読んだ方がいいと思った本です。それだけ人気なのでしょう。私はとても共感できる思想でした。最後に。モンテッソーリ教育を行っている幼稚園に入園予定なので購入してみました。親がやってほしくないことに、(きたないものに触る、汚す等)どれだけ大事な意味があることか。この本を読んでみて納得。でもそれはすべて私の都合!私のいいなりにならないからだったんだなあ。この本を読まなければ!僕は子どもが小さいうちにそんなことはやらせてはいないでしょう。お勧めの1冊です。息子にごめんねという気持ち・・・育児に疲れてる人にはお勧めです♪図書館で以前読んだ!本に紹介されており!購入しました。息子にイライラしてしまう時があり、このままではと思いいろいろ探した結果この本にたどり着きました。幼少期の子どもが意味なさそうなことをしていると!親の都合でやめさせてしまう。尊重しなかった私が悪い。3歳児の親ですが、ごはんを食べるのが遅い、言うことを聞かない、など些細なことでも一日に叱る回数の多いこと。自分の都合で怒ってばかりの自分を反省しています。子育て中の親だけでなく!子供にかかわるすべての人に読んでほしいと思わせる本です。「汚いから触っちゃだめ」「危ないからだめ」「早く、早く」、自分もやってしまっているなぁと大反省です。「きびきびした動きをする人は、だれにも好感をもたれます。目からうろこで!温かく成長を見守っていきたいと思えるようになりました。三分の一も読まないうちに、この本に出合って良かったと感じました。心に決めたことを確実に実行する人は、人々の信頼を得ます」そういう人になれる鍵がこの本に書かれています。子どもがなぜ「いたずら」と思えるようなことをするのか!親としてどう対応したら良いのか!1つ1つ例題を交えて書いてあり!なるほど〜納得しました。後になって、あ〜なんでこんな風に育っちゃったんだろ?と悩む前に読んでおくべき一冊。実際読んでみると!とてもわかりやすく書かれているのでモンテッソーリに興味があり初めて読む方にとてもおススメの一冊です!三歳になる息子が!最近どうも様子がおかしく!気になることがあり!この本を選びました。購入しました。こどもに対する見方が変わり!自分の気持ちも少し楽になります。子育てを丁寧にしたい気持ちがよみがえります。自分が何処で躓いたのか、どうすれば良かったのかわかりやすく書いてあり納得です。ブログ「遊んで学ぶお父さん」管理人uronpoi仕事と子育てでバタバタする生活の中、何でも「早くして。こどもにとってはこの世界が本当に不思議で体験しなければならないことがいっぱい。私がよかれと思ってやっていたことが!息子を苦しめていたんだと思い!胸が痛くなりました。一度図書館で借りてから購入を決めました。50ページに書かれている言葉に考えさせられました。モンテッソーリについての本はたくさんあったのですが、他の方のレビューを見たりモンテッソーリに興味のある方のブログでこちらの本を見たので購入する事にしました。モンテッソーリ教育に限らず!育児を行っているすべての人に読んでもらいたい本だと思いました。小さな心にまだ突き刺さったままだろうか・・・?まだ1/3も進んでいませんが!この本を読み始めて我に返ったというか怒らないでじっくり待つことができるようになりました。 子供に本の内容にあることを言ってみると!喜んで実行したりします!!! 自分の未熟さ!短気さが浮き彫りです>< まだ途中なので!またレビューしに来ます。3歳も過ぎると、自分でやりたい気持ちが強くなり、最近は私がやってしまうと怒って、一からやり直しになることが多くなっていました。。なお!これらを読んだ後に具体的な実践や!モンテッソーリの教具などにも興味を持った方には!同じ著者の「子どもは動きながら学ぶ」がお勧めです。読み進めていくと!反省しなければならないことに気づかされます。せっせと「いたずら」しているように見えても「自然からの宿題」をしているにすぎないんですね。大人は気がつかないうちに、こどもを同じ常識で見ているんですね。そんな時に手にしたのがこの本です。なぜモンテッソーリでは手先を動かすなどの細かな教具が多いのかを知ったり!家庭で簡単に作れる教具(=子どもにとってはおもちゃ)が分かるのもいいので!こちらの本も2冊目以降にお勧めです。日々の生活の中で大人からしたら今なんでそんなことをやるの!!!みたいなことを子供がしているには何かしら理由があることが分かりました。「モンテッソーリ」という言葉は聞いたことあったけど!内容をちゃんと知りたくて購入。とても読みやすくイライラしてた自分に反省。とても読みやすく!初心者でも理解できます。最近モンテッソーリ教育に興味を持ち始め、読みやすい本を探していました。以前から、こどものすることには意味がある、なるべく叱らないようにしようと思っていました。言葉と行動が一致する人はだれからも尊敬されます。それでいいのかと思わせてくれます。届いたその日の晩に、2時間程で読み終えましたが、とても参考になりました。そしてそのことをその時に子供にやらせてあげることが子供の成長に影響していくことがわかってよかったです。4歳前後に手の使い方を教えることが大切だというその項目に!「ナイフでりんごをむくこと」「針に糸を通し!縫うこと」があり!それを教えないことは不器用な子どもにしてしまうだけではないという深い理由があることにドキッとさせられました。子供が3歳なので!もっと早くに出会いたかった本です。子供がいるのでモンテッソーリ教育についてもっと知りたいと思います。」と子供をせかす毎日が続いていました。遅かったかもしれないけれど、この時期に出会えたことに感謝しています。仲良しだし!子供を大切に思っているし!手を上げたことはないけれど!「どうしてママの言うとおりに出来ないの?」なんて心無い言葉!何度言ってしまっただろう。6歳息子と時間を楽しみたいです。お父さんお母さんはもちろん!子供がいないひとにも読んでもらいたい一冊。ここに抜粋させていただきます。どうせできないんだからと先回りして親がやってしまうことは、子供を侮辱しているのと同じこと。と思わされること!あります。発刊は古いですが、結構増刷されてるみたいですね。